横浜で探す二重の美容整形

X

最近ではまぶたを二重に美容整形する人が増えています。
一重まぶたは目つきが悪く見られたり、人に暗い印象を与えてしまいがちです。
目元の印象はその人の第一印象にもなることが多いため、まぶたを整形し、印象を良くしようとする人が多いようです。
二重まぶたには、並行型と末広型の二種類があります。
並行型のまぶたは可愛らしいぱっちりとした目元になり、末広型のまぶたは控えめで落ち着いた印象になります。
このようなまぶたにする整形方法はさまざまあり、プチ整形といわれる埋没法や、切開して脂肪を取り出す切開法などがあります。
埋没法は手術時間も短く一番手軽に出来、費用も比較的手軽です。
手術方法も、点留め埋没法と線留め埋没法があります。
点留め埋没法には一点留めや二点留めなど、なりたい目やまぶたの重さにより、留める箇所を増やします。
線留め埋没法は、希望のカーブにそって糸を埋め込み線を形成させます。
どちらも切開はせずに、まぶたの裏側から皮膚の中に糸を埋め込みます。
手術後は軽く腫れたり内出血になる場合もありますが、メスを使わずに髪の毛よりも細い糸を使うため、ダウンタイムと呼ばれる回復するまでの期間が短くて済み、数日でアイメイクも可能です。
この埋没方法は、まぶたの重い人は糸が取れてしまったり、向かない場合があります。
そのような人は切開法にて施術をします。
ハッキリとした並行型のまぶたになりたい人も行うことが多いです。
切開方法には、小切開法や全切開法、目頭切開法などがあります。
小切開法は1センチ程度まぶたを切開し、そこから脂肪を取り出し縫い合わせます。
全切開法は、小切開法よりも広範囲を切開するため大掛かりな手術になりますが、こちらのほうが仕上がりはハッキリしています。
目頭切開は、目頭にある蒙古ひだを取り除きます。
これらの切開法は皮膚にメスを入れるため、麻酔を使用し手術時間も一時間ほどかかる場合もあります。
体質にもよりますが、腫れやむくみも続くために、ダウンタイムをしっかり取る必要があります。
一週間程度で抜歯が行われ化粧もできるので、少しずつ普段の生活が送れるようになります。
美容整形にはメリットもデメリットもありますが、それらをよく知り上手に付き合えば、理想の二重が手に入り、自分にも自信が持てます。
横浜でも美容整形ができるクリニックや美容外科などはたくさんありますが、選ぶ際にはカウンセリングをしっかりとして、自分の目で安全性を確かめてから施術することが大切です。